な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

本を読む

春の陽気に誘われて、
図書館へ足を運ぼうとしていたのですが、
毎月1日は、そういえば休館日だったことをすっかり
わすれてしまい、
おやおや今日やろうと思ったことをどうしようかと考えながら、
以前から気になっていた、
地元にある、書斎珈琲さんへ初めて行ってみました!

130401.jpg


本がすごい!!
どうしても静かな場所と本が必要だった私には
とてもいい場所みいつけた~~って感じです!
デザインの本だったり、写真の本だったり、そのほかたくさん楽しめる
本がたっぷり!
お陰様で今後のことがまた少し少しとはかどりました!

家からも近いので、またゆっくり行きたいと思います~!
comments(2)|trackback(-)|コーヒー・紅茶|2013-04-01_20:19|page top

リンゴ

朝、早く起きたのでコーヒーを淹れようと思った。
リンゴを切って、そのまま食べた。
コーヒー飲んだ。
コーヒーとリンゴってあうよね。

130222.jpg

フルーティな感じと、
コーヒーの香りと、
なんだかいいよね!
comments(0)|trackback(-)|コーヒー・紅茶|2013-02-23_23:54|page top

好きな豆

時間がうまく使えないでいると、
あっという間に朝になってしまう。。
眠気覚ましに、コーヒーを入れることにしたんです。
昨日の夜はスズムシがないて心地よかったけれど、
とても寒くて、窓を閉めて暖かいコーヒーを入れました。

眠い自分にコーヒーがしみていく。
前にもそうだったんです。
しみわたるコーヒーがあったのだなと思ったんです。
体全体の水分となる感覚に陥ったことがあって、
コーヒーでそんな風に感じたのはなかったものだから
びっくりした覚えがありました。
そういう時に出てくる言葉って、
「おいしい」
なんだよね。
その一言なんだよね。

その経験があってから、「マンデリン」っていう豆が
好きになったんだ。
おいしいな、マンデリン。

120808.jpg

キオクノヒカリ2


             小澤康子 写真展
       
       「キオクノヒカリ」

       
        8月29日(水)~9月2日(日)
                (最終日は17:00まで)
           
           会場 ココラボラトリー
     
      秋田市大町三丁目1-12川反中央ビル1F



comments(0)|trackback(-)|コーヒー・紅茶|2012-08-08_07:00|page top

香りと写真、音と写真

最近、写真をあまりとれていないので、
夜中にモサっと撮り始める。
撮影よりも、後処理におわれ、いつも夜中になってしまうので、
挫折しまいがちになるので切り替えをうまくしないといけない。
一息入れようとコーヒーを入れることに。

いつものお店で買っている豆がまだ残っていた。
手動で豆を挽く。
ゴリゴリ音を立てながら、豆が変身していく。
引出しをあけると、コーヒーの香りがリフレッシュにつながってゆく。
あれよという間にお湯が沸騰して、
お湯を注ぐ。
カップにヒタヒタと静かに音が鳴る。
さらにお湯を注ぐと、音が変わり始める。
これがまたリフレッシュになる。

120626.jpg

この香りは写真でどう伝えたらいいだろう。
この音は写真でどう伝えたらいいのかな。
その時の気持ちは写真で、どう伝えよう。
一枚の作品にどう埋め込んでいこうか。

最近はそんなことばかり模索中。
そしてすぐ現実に戻され、黙々と処理作業の開始です。
comments(0)|trackback(-)|コーヒー・紅茶|2012-06-26_23:20|page top

りんご

最近のファミレスのスイーツはなかなかおいしい。
りんごをつかったものだったのだが、
なかなかの名案だと思った。
リンゴはよく頂き物が多いのだが、
結局すこし余らせてしまい、実が柔らかくなってしまう。
そうなるといつもリンゴの運命は、
煮られるという結果になるので、何かないかとよく考えたものだった。

煮リンゴ、アップルパイ、リンゴシャーベット、
いろいろ試したけど、今度のはまた別の意味で
おいしいものができそう!


120108.jpg
comments(0)|trackback(-)|コーヒー・紅茶|2012-01-08_23:41|page top

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。