な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

命日

車に乗ってふと、おばあちゃんのことを
思い出した。
そういえば以前おばあちゃんの写真を撮ったことがあって
カメラ目線ではなかったけれど、
とってもいい表情をしているおばあちゃんの写真が
私はとてもお気に入りだった。
ふと考えた。
遺影の写真は目線がやはり大事なのだろうか。。。
これに関してはいろいろな意見が飛び交いそうだけども
目線の写真もたしかに大切だけど、
その人らしい写真なら、もしかして、
目線がなくても、色がどうでも、少々ぶれていても
いいものなのかもしれないと思った。
その人の、人間らしさが写真から忘れられなければ。

120710.jpg

夜に家に戻ると、母がいない。
ふと。
ああ、今日はおばあちゃんの命日だ。
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(-)|なごころ|2012-07-10_22:50|page top

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。