な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

水の変化

自分の中で気になる存在というのはよくあることで
それを追及していくとそれを写真に収めるのって
すごく大変なんじゃないか!って思わされることが
多くなってきました。
秋田の冬は雪がふり、晴れ間が見えることはあまりありません。
ごくまれに放射冷却になるときの散歩はなかなか集中します。
いずれにせよ、寒くて雪が降ったり水が氷ったり、
それらが自分にはとてもあっていて、知らなければいけないことなのだと思います。

先日朝方散歩に出たら、外には雪があったり氷があったり、
屋根の氷が解けて、ひたひたと水滴が落ちる音が
なんだか落ち着いたり、氷の織り成す形がすごくて魅せられたり、
氷って元は水なんだよね、でも雨が固まって雪になり
毎日ふる雪の形も質も違ってさ、いや~~ちょっと!!
大変じゃないの!
ってことは雨の質も違うってことか?
これは水についても考えなきゃいけないな!

と考えることがたくさんになった朝でした。

120109.jpg
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(-)||2012-01-10_08:22|page top

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。