な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

2011年の最後に

今年も残すところあとわずかです。
今年はたのしくもよく考えた一年でした。

私が写真をはじめた理由は、ということは
わざわざ語りませんが、写真に出会って自分の人生が変わったことは確かなことでした。
写真が趣味になり、仕事になるということはありがたいことでした。
そこで出会う人との繋がりが本当に大切であることを今でも
とても感謝している日々です。

写真をはじめてから、ものづくりということの
ほんの僅かな部分を体験することになりました。
自分の考えが今までいかに浅はかであったかを思い知らされたり、
ものづくりをすることがこんなにも奥深く、地道で孤独なのだと
分かってきました。しかしまだまだ自分には分かっていないことが
たくさんあるのです。
もっと自分は頑張らなければいけないのです。

私が写真をみて涙をこぼしてはじめたときのように、
自分の写真で誰かが強く強く何かを感じてくれる、
そんな写真を私は撮らなければいけないのだと思うのです。

だから私は諦めない。
写真だけは絶対に諦められないのです。

それが自分の生き方であることを自分が覚悟した一年になりました。
写真家として生きるための一年に。

皆さま来年もよろしくお願いいたします!

111231.jpg
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(-)|写真|2011-12-31_23:51|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
「写真だけは諦められない」って、私も同じ「絵だけは諦められ
ない」の。あなたは考える写真家なんだな~と思いながら
最後に夕焼けの写真を見たら、急に涙いっぱいになってしまった。
見る人の胸にしみてゆく写真、いい写真家になったね。
辛いことも嬉しいことも、写真家の栄養になるから、たくさんの
経験を怖がらないでね。 来年もいっしょに頑張ろうね!
おサツさんへ
あけましておめでとう!
コメントありがとう!
今年は自分で更に切り開いていかなければいけない
年なのだと思います。
これからまたたくさんの写真を撮りに出かけます。
本日の秋田は幾分温かい陽気です。
おサツさんも秋田に来れたら是非きてね!!

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。