な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

畑をつくるということ

最近、普段自分たちが食べているものは、
すべての命をもらって生きているということを見直してみた。
生きていくために、動物や植物の命を頂いて生きなければならない。
動物たちもまた、別の命を貰って生きていかなければならない。

110902.jpg
これらは生きていくという宿命なのかもしれない。
ただそれが、当たり前になってしまってはいけないと
今見直そうと思う。

豚も牛も花も、命あるものはすべて愛おしいものだが、
食肉用として飼われている牛や豚も、
殺されるだなんて思ってもいないだろう。
それがある日突然、命が亡くなる。
生きるための行為。
動物たちも狩をする。
それも生きるための行為。

それらをしっかり受け入れなければならない。
スーパーに行けば当たり前のように
得っている野菜や肉も、他の命を貰っているからこそ
生きてゆけるのだ。

私は今まで何かを作る、育むということをあまり
してこなかった。
でも、今すべきことなのだと思う。
まずは生きていく糧というものを
見出す必要があるのだ。

1109021.jpg
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(-)|写真|2011-09-02_22:53|page top

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。