な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

わたぼうし

1005251.jpg

一体いくつもてば、
空に舞い上がれるだろうと思ったことが
何度もありました。
この時期になると、一緒にあそぼうと言わんばかりに
車にまで遊びに来たり、
ふわふわと自由に空に飛んでゆく。
それに憧れていたのかもしれないな。

100525.jpg

自由に飛んでゆく綿帽子に憧れたりもしたけれど、
しっかりと地に糧として生きてゆく綿帽子を
今、私は求めているのだと、わかりました。
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(-)||2010-05-25_01:27|page top

コメントの投稿

非公開コメント

やっとコメント欄にたどりついたよ。ありがとう。
でも原始人みたいで超恥ずかしい!!
わたぼうし の写真、すごくキレイ。
レンズってすごいな~と、腕前は勿論!感心しきり
です。子供の頃から原っぱで手にとって眺めていた
わたぼうしが、こんなに美しいとは!!

ドアの隙間から光がもれる写真は心にしみるね。
やはり子供のころ、おしおきで押入れに閉じ込め
られた時、この光を見た。。。あれから半世紀以上
経っても、この光は寂しいような悲しいような、でも
必ず出られるという「希望の光」なのよね。
今日も心に響く写真、ありがとう。
やっちゃんも純白の綿帽子をかぶる日が近いように
祈っているよ・・・
おサツさんへ
おサツさんへ

コメントにたどり着けてよかったよ!!
うれしいです。
何時も見てくれて本当にありがとう。
ヒカリには色々あるのかもしれませんね。
その時の自分の感情がリンクしやすいのかも
しれないね。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。