な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

なぜモノクロか。

久しぶりに写真のことなどかいてみようと思う。

私はモノクロが好きである。
よく、「どうしてモノクロなの?」と聞かれる。
なぜ好きなのだろうか、なぜ、モノクロなのか・・・。

景色を見て感動する場合は、大抵はその時の
色だったりする。
でも私はあんまりそうではない。
確かに彩度が高い写真は好まれる。
しかし私はそうではない様なのだ。
だからといってカラーが嫌いとか、カラー写真をとらないわけでもない。

ではなぜ白黒か?

白黒グレーの中で作られるバランスがすきなのは確か。
カラーで見たものでも自分頭の中で、
モノクロにすればこうなるだろうという
想像…いや、創造がたまらなく好きである。
見ている人がモノクロの写真をみて、
想像してくれたのなら幸いである。

限られた色の中で再現される幅、表現できる幅が少ない分
想像力がかきたてられる。
そんなモノクロ写真をみてきたからなのかもしれない。
自分を表現する一つの方法としても、
私はモノクロを選ぶだろう。

難しくならないうちに、結局、行き着いた答えは
モノクロが好きだから、という答えしか
浮かばないのが事実である。

もしかして、またいつか自分の中でモノクロについて
考えていくのかもしれない。

100518.jpg
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(-)|写真|2010-05-18_00:40|page top

コメントの投稿

非公開コメント

想像。。創造!とは上手い表現ですね*

モノクロだと色情報がない分
構図のバランスや光と影のバランスが
強調されるので、モノクロ写真って
奥が深いよね!
やっちゃんのモノクロ写真は
光を上手にとらえていて
やわらかくて優しく、力強さをも
感じます
とっても魅力的ですよ。・

ワタシもいつかそんな写真が
撮れるようになりたいです・v・*
mimikoさんへ
mimikoちゃん!
コメントありがとう!
そういっていただけて
うれしいです!
やわらかく優しい写真だなんて
本当にうれしい!!ありがとう!!
そのうち撮影会でもいこうか!
(もちろん自然があふれるところに!!)

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。