な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

今日は寝ない。

今日は世界のカケラでおなじみの
佐藤忠明さんの個展にお邪魔してきました。
素敵な写真がたくさん。
家族って本当にいいものなんだなぁって思います。

自分には私を生んでくれた母と父と兄、親戚の皆さんが
家族になります。
私自身まだ結婚していないので、
自分と旦那さんとの家族ということに正直実感があまりないのです。

自分も結婚して、相手と相手の家族と、
色々な出会いがあるんだなとぼんやり感じるくらいですが、
愛しいんだなって、素直に思います。

血縁でなくても、もちろん愛しいと思うことは自分にもあるし、
誰にでもあるだろうから、
愛しいと思うものを写真に撮った佐藤さんの写真展は、
私にはとても興味深く、
今後の自分の「人を撮る」ということの課題になんだか繋がってゆく気がします。

正直、人の写真って、ということが自分自身よくわからない
ことがあったんです。
興味がないというと誤解が生まれるかもしれませんが、
それはきっと自分が人と向き合う
勇気がなかったからなのかなと思うのです。

自分自身少しわかったことだったのですが、
自分の大好きな人たち、大切な人たちのそれぞれの家族と接するうちに、
人物の写真展を見たりしているうちに、
人と接することで、見えてくることがたくさんあるんだと少し、
感じたのです。
友達の子どもから学ぶこと、感動すること、
大切な人との家族と接することで生まれる感情。
そういう目に見えない雰囲気を写真に残せたら、
きっと笑顔がまた増えるのかもしれない。

最近人と接するのが、やっぱり私の中でとても重要なことの一つだと
感じるのです。

私は礼儀も知らず、失礼なことを連発してしまうので、
たくさんいろんな人に迷惑をかけてしまうけれど、
それでも私と付き合ってくださっているみなさんに、
本当に感謝したいと思っています。
これからも、試行錯誤しながらがんばっていきます!

とりとめのない文章が続きましたが、
私は笑顔しかとりえがないですけど、
よろしくお願いします。

あ、写真展が今週末になりました。
あれ、写真。。。
今日は寝ません。

131009.jpg



スポンサーサイト
comments(0)|trackback(-)|写真展|2013-10-08_23:20|page top

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。