な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

IMG_0007_convert_20080730230610[1]


秋田も暑い日が続いていますが、今日は一日過ごしやすかった気がします。
のんびり、買い物をして久々にインテリアショップにいってみたり、
大好きな器をみにいったり、今日はのんびり過ごしました。
空が高くて、雲も薄い雲。
IMG_0047_convert_20080730230653[1]

今日は夕日が見れるかなぁと思い、やっぱり海へ行ってしまいました。
海に入るにはまだ冷たい気がしたけれど、砂がサラサラと足の指をとおり、
夏を感じさせてくれます。
IMG_0016_convert_20080730235126[1]

やっぱり、海も山も好きなんですね。

夕日を見ながら、今の職につく前もここによく来ていたなぁと思い出しました。
IMG_0027_convert_20080730230747[1]


そのときもそういえば写真を撮りに来ていたなぁ。
その時、私に「写真がんばってね」と散歩をしていた人が話しかけてくれたなぁ。

IMG_0061_convert_20080730235204[1]

明日は、
来年はどんな気持ちだろう・・
と、ぼんやり考えていたら、夕日は綺麗に雲に隠れてその後もしばらく、なんだか恥ずかしそうに
空を真っ赤にしていました。(笑)

IMG_0072_convert_20080730235235[1]

あの時と気持ちはだいぶ違うけど、
変わらないのはやっぱり、
写真が好きだということなんでしょうね。
スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|日々のつぶやき|2008-07-31_01:20|page top

しわ

よく、
「最近しわが増えたわぁ・・」「しわが増えたねって旦那にいわれてね~」
なんて言葉をよく耳にします。
私はそんな言葉が大好きです。

IMG_0396_convert_20080730003327[1]

だってね、
それはね、幸せのしわだからなんですよ。

IMG_0389_convert_20080730003244[1]

それはね、今まで生きてきてた~~~くさん笑ったから
しわができたんだよ。

おばぁちゃんになってしわしわになったら、
それは今まで出会ってきた友達や家族や旦那さんが
たくさん笑わせてくれたからでしょう?


IMG_0404_convert_20080730003409[1]


「最近しわが増えたわぁ・・」「しわが増えたねって旦那にいわれてね~」
なんて言葉が聞こえたら、
私はこういいます。

今まで出会った人がたくさん笑わせてくれたから、
幸せのしわ。

笑った分だけ幸せのしわがたくさん。

幸せのしるし。

IMG_0006_convert_20080730003040[1]

だから私もいつか、しわくちゃのおあばぁさんに、なりたいな。
comments(4)|trackback(0)|なごころ|2008-07-30_00:49|page top

写真ドライブ

今日はお友達のhathorさんと、写真ドライブに行きました。
山に行って写真を撮ったり、四葉のクローバーをさがしたり、
楽しい一日になりました。
雨が降ったりやんだり、山の中を歩いていると、いろいろなものに出くわします。
雨上がりの葉っぱはやっぱり瑞々しくて、見ているとこちらが清々しい気分になります。
tuyu.jpg

ああ、雫が落ちそうだなぁ、、な~んて
下のほうをのぞくと、葉っぱの裏側って、透き通っていてきれい。

ura.jpg

ユリさんにも出会い、
yuri.jpg

あら、ユリさん、お久しぶり。
会わないうち、ずいぶんと、カールが上手くなったんですね。
私なんて未だ、上手くカールできないんですよ。
今度教えてくださいね。


山を後にし、角館にオープンした、写真家小松ひとみさんのギャラリーに行きました。
なんと本人にもお会いすることができ、これまた嬉しい出来事。
写真もたくさん飾られて、本人から写真を撮った気持ちなどを聞くことができ、
私にとって、とても勉強になりました。

私ももっとたくさんの人に写真を見てもらいたいなぁ、
写真展、個展、なんでもいいから自分の写真を世の人に見てもらいたい。
そんなことを素直に思いました。

kaeru.jpg


happy.jpg

写真も角館も大好きです。
だって、
そこにはいつも
小さくても、大きくても、
私の中で、
感動という出来事が起こっているから
comments(16)|trackback(0)|写真|2008-07-24_23:35|page top

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。