な ご み じかん 

  ~心が和むとき~

プロフィール

小澤 康子

Author:小澤 康子
~心が和むとき~
心がなごむ時間、
心がなごむ空間、
やわらかい時間、
そんな空気を写真で表現したくて、
写真を撮っています。
なごみじかんと写真をお届けいたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

まんまる。

夕方に地元の田んぼに散歩。
雪で道が見えなくなっていたみたいで、それに気づかずに歩いており、
ドブに右足が落ちました。
腰から下は雪まみれ。
キャラメル色のムートンは
ちょっっぴりビターな感じに仕上がりました。
右足が冷たいと感じるころ、
東の空にはまんまるお月さんが
ニコニコしてました。
なので私もニコニコしてみました。
丸いってすごいよね。
怒る気がなくなるもの。

150205.jpg
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(-)||2015-02-05_01:57|page top

丑三つの想

130826.jpg


月のあわ

雨音は雲の涙の音  
空は雲が恋しく                
風は木の葉舟を浮かべ 
雲は空が愛しい                

木漏れ陽は私を突き刺し 
水面(みなも)に私の影を写す

月は影を落とし 
ゆっくり影を濡らす
私は夜空のあわとなり 
温度(ぬくもり)をたしかめる

あなたはうたかた人 
蝉しぐれの波ようにあなたをかきけす
咲いた花を泡の中に浮かべて
あなたはゆくさきを
ゆらりゆらり

鳥は星と一緒に空へ舞いあがる
咲いた花が星に照らされ
私は夜空のあわになり
呼吸を繰り返す

月は影を落とし 
ゆっくり影を濡らす
私は夜空のあわとなり 
温度(ぬくもり)をたしかめあう


1308262.jpg

comments(0)|trackback(-)||2013-08-26_16:22|page top

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。